スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
シャローンとマーロン
2009-08-31 Mon 23:58
シャローンはレンガ色のアパートの5階に
恋人のマーロンと住んでいる。

シャローンは部屋の窓から外を見降ろすのが好きで
いつもそこからマーロンが帰ってくるのを見ていた。


ある雨の日、シャローンが窓から顔を出していると
下に子猫がいるのに気づいた。

ずぶ濡れの子猫だ。

シャローンはマーロンに言った。

あそこで濡れている子猫が欲しい。
ここから見える、あの雨に濡れた可哀想な子猫が。

マーロンは仕事から帰ったばかりなのにすぐに部屋を飛び出した。

そして、猫を抱えて戻ってきた。

びしょびしょの猫をタオルで拭いてシャローンに渡した。

ところが、シャローンは怒ってこう言った。

私が欲しかったのはここから見た、あの雨に濡れた可哀想な子猫よ。
今ここにいるのはあなたに抱えられた濡れてない子猫でしょ。
それは私の欲しかったものじゃない。





スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<この世界でたった一人でうずくまって微笑むよりも歩きだして泣ける方がいいよね。 | 兎と烏のコントラスト。 | たとえ離れていてもこの空は繋がっている。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 兎と烏のコントラスト。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。